ptsdなどの心の病気を理解する|知っ得!精神安定NET

ハート

トラウマがよみがえる

不安げな女性

心の病気の中には、いろいろな症状を持った病気があります。その一つがptsdになります。ptsdは、交通事故や飛行機でトラブルや地震などの大きな衝撃などで大きなストレスを感じることで、感覚の鈍化や孤立、周囲への無関心、フラッシュバック、抑うつ、不安などの症状が現れる事があります。ptsdは、心的外傷後ストレス障害と言われ、このようなストレスを感じることで心の病気になります。このptsdは、誰にでもなり得ることで、心が強いからと言ってならないってことはありません。誰にでもなる可能性があるってことを認識しておきましょう。
一度、恐怖の体験をすることで突然、怖い体験を思い出すなどがあります。不安や緊張が続き、めまいや頭痛があって眠れないなどの症状がでます。とてもつらい経験をした場合には、誰でもご飯を食べられなくなることや眠れなくなりものです。ですがこの症状が長く続くときには、ptsdの可能性があります。
発症するタイミングは分からず、ストレスになる出来事を感じた数週間や年々立って症状が出た場合もあります。ストレスは脳内の働きに支障をきたして、うつ病に併発することもあります。

主な症状として再体験症状があります。ふとした時に思い題したくない経験や記憶が突然思い出すことがあります。その出来事が、今あった出来事のように感じることになり、もう一度、恐怖の体験をしたかのようなイメージが湧きます。
たとえば交通事故をして大きな怪我を負った、大事な人がなくなったなどの大きな衝撃を受け、ストレスを感じたことがあるとします。そういったことがあると、交通事故のことを思い出して車にも乗りたくないと思うことがあるでしょう。また、交通事故をしたときに同じシチュエーションがあったときに交通事故をした時の記憶を思い出すなどがあります。
これらの症状は、再体験症状や回避と言われる症状になります。
また、そういったときには、急に感情が不安定になることや変な行動を取るなどの症状が見られます。
交通事故だけでなく、暴力的な犯罪被害や誘拐、児童虐待などで精神的ダメージを受けている人もいます。襲われることや身体を傷つけられることなどの暴力被害や子供の時に虐待をされてptsdになっている患者もいます。
トラウマになるようなことは、身の回りにたくさんあるように見えます。そのため、普段の生活をしていてもそういったストレスを感じてしまうことがあるでしょう。こういった症状があることを知っておき、周りにptsdの患者がいる場合には、しっかりとサポートしましょう。