ptsdなどの心の病気を理解する|知っ得!精神安定NET

ハート

自分に置き換えて発症

さみしげな横顔

一般的にptsdになってしまう原因として、恐怖な経験をすることやショッキングなことがあった時などに発症してしまうことがあります。しかし、ptsdは、自分が死に直面したことやそれに近い経験をしなくても発症してしまう危険性があるのです。もちろんそれは他人が経験したことであっても、自分に置き換えて考えてしまうことになり、発症してしまうこともあるでしょう。
例えば、自分が交通事故に会うことで車に乗ることが怖くなることや交差点で事故のシーンがフラッシュバックしてしまうなど、過去の事故の記憶が強く思い出してしまうのです。ですが、その現場で、交通事故の一部始終をみてしまった場合でも同じように恐怖心を感じることになり、ptsdになってしまうこともあります。

他にも、大地震があった時に津波で多くの家などが流されています。そこで携帯やスマホで撮った動画や画像に人も流されていたのをインターネットなどで流されています。そういった動画や画像を見ることでptsdになってしまう可能性もあります。さらに、そういった災害の爪あとを魅せるために子供に見せてあげることなどを行っていますが、子供もショッキングなことで泣き出す人もいれば、震える子供も多いです。そういったことが原因でptsdになり得る危険性を知っておくことが大切になります。

自分が経験していなくても、最近では、ショッキングな映像などが簡単にインターネットで見ることが出来ます。そのため、子供や大人でも簡単にptsdになる可能性があることを知っていきましょう。特に子供には感受性が強く。状況を受け入れることが出来ないこともあります。そういった事を考慮して行動することが大切になります。