ptsdなどの心の病気を理解する|知っ得!精神安定NET

PTSDを正しく理解しよう

心の病気を理解する

向かって左上を見る男性

日本では、心の病気を抱えている人が身体の病気の人よりも多くおり、本人の家庭や学校、職場などへの影響も大きな物になっています。心の病気では、身体の病気に比べると、早期発見をすることが難しく、適切な治療を受けることが遅くなる人や全く受けていない人などがいます。
心の病気を理解することや自覚することが難しい理由があります。その一つに脳があります。脳は科学界でも解明されていないほどの複雑な臓器になります。他の身体の病気のように血液検査や画像にとって審査や検査等をして判断しきれないのです。次に心の疲れやバランスが崩れる事は一般的な人でも見られる症状になります。どの段階から病気と判断すべきなのかなどがわかりにくいです。そして心のバランスが乱れている時には、その人の考え方や気持ちなどが大きく心に影響を与えます。その変化を自分で病気だと思う事はとても難しいことになります。その背景には、うつ病やptsdなどの心の病気になっている人は社会の中で精神が弱いことや怠け者などといった誤ったイメージがあり、精神的にダメージを受けていても心の病気としてオープンに出来ないようになっています。

現代では、うつ病やptsdなどの精神的な病気になることは誰にでもありうることです。そういった考えを持っておき、心の病気について知識を持っておくことが大切になります。正しく理解することで、自分でなかなか気づくことが出来なかったことが来付けるようになることや病気をしっかりと受け入れることができようになります。また自分や周りの人が心の病気になった時には、しっかりと周囲に理解してもらうことが大切です。ptsdやうつ病などの心の病気では、患者一人で治すことができません。周りにいる家族や友人、パートナーによって、病気としっかり向き合っていくことが大切になります。
最近では、精神科や心療内科などがあり、心の病気を診察することができる病院が多くあります。さらに、うつ病やptsdの患者が増えていることから専門のクリニックなどが多くあり、治療に役立てられるのです。こういった専門クリニックは、インターネットで見つけることができます。口コミやランキングサイトなどのまとめサイトなどは簡単に比較することもできるので安心でしょう。

ピックアップ

トラウマがよみがえる

不安げな女性

ptsdは、心の病気になります。自然災害や親しい人がなくなるなどの衝撃的な出来事を経験することでptsdを発症してしまうのです。その症状の一つで、再体験症状があります。

無意識に回避する

悲しげな男性

ptsdはショックな出来事を再体験しないようにするために回避するような行動を無意識にとってしまう症状のことです。また、記憶を回避することもあり、一時的な記憶喪失にもなっているケースもあります。

常に敏感になる

悲しみのポーズの女性

ptsdになることで、過覚醒といった症状になることもあります。これは、精神的に不安定になったときに精神の不安定が続くことになります。そのため少しのお物音でビクビクするようになります。

話をして気持ちを楽に

カウンセリング

ptsdを克服するためには、いろいろな方法があります。基本的にカウンセリングをして、セラピストがptsdの原因などになった出来事等を話をするトークセラピーなどが一般的な治療方法となっています。

自分に置き換えて発症

さみしげな横顔

ptsdには、自分自身が恐怖の体験をしていなくてもなる可能性があります。現代では、インターネットでいろいろなショッキングな映像や画像などを見ることができます。その出来事を自分に置き換えて考えることでptsdが発症します。